お知らせ

Information

権威ある国際コンクールに「SAKE selection」新設、三重県で開催

2018 08.10

酒造りが終わると、気になるのは今期の出来具合いと、国内外における品評会の結果ですね。近年は、その結果をつたえるメディアも広範になり、注目の高さが伺えます。
そして、今年、また1つ、国際的で魅力的な日本酒品評会が誕生しました。
25年の歴史を誇り、規模の大きさ、権威の高さで有数の「ブリュッセル国際コンクール(CMB)」に、ワイン、ビールなどと並び、日本酒部門の「SAKE selection」が開設されたのです。

mainimg_02

すでに募集期間も佳境を迎え、審査会の結果が待ち遠しい蔵元さんの多いことでしょう。
何と言ってもこのコンクール、ベルギー連邦政府経済省の後援により1994年に発足し、首都、ブリュッセルをベースとするものの、毎年、開催国を替えて行われ「旅するコンクール」とも言われる、とてもユニークなシステムが最大の特徴。

新設なった「SAKE selection」の記念すべき第1回会場は、もちろん日本。その中でも、食の神様豊受大御神を祀る伊勢神宮があり、2016年に開催された「G7伊勢志摩サミット」で県内蔵の日本酒を乾杯酒や食中酒に提供し、世界的な話題となった三重県が選ばれたのです。

10月11日(木)~13日(土)にかけて、三重県鳥羽市で開催されるこのコンクールには、世界規模で選抜された、35人の経験豊富なソムリエやジャーナリストが審査員として結集。3日間に渡ってブラインド・テイスティングと、公正かつ一貫性を守るために用意された審査基準シートで行われます。

目指す最高位は「プラチナ」。そして、「ゴールド」「シルバー」と続く受賞酒に選ばれると、在欧州大使館やCMBが主催する海外トレードショーなどのイベントに参加しPRする機会や、審査員から選抜された最大5名の「酒大使」による継続的なPR活動が提供されるほか、CMBのベルギー現地法人Vinopres社が発行する機関紙に掲載され、ヨーロッパに広く紹介されます。
また、ルーヴェンカトリック大学統計研究所チームとの共同による事後検証、さらに追加テストも行われるという徹底ぶりです。

来年の開催国も気になるところですが、まずは、記念すべき第一回。表彰式は駐日ベルギー王国大使館で行われ、年明けには、花の絨毯で有名なグランプラスでも一際豪華で美しいブリュッセル市庁舎にてトロフィー酒セレモニーです。ご検討中の蔵元さん、エントリーは8月31日(金)までです。

スケジュール
エントリー:8月31日(金)まで
出品酒送付期間:9月3日(月)から21日(金)まで
日本酒セミナー(講師:田崎真也氏)・ウェルカムパーティー:10月10日(水)夕刻 会場:ホテルグリーンパーク津(三重県津市)
審査会:10月11日(木)から13日(土)まで 会場:タラサ志摩 ホテル&リゾート(三重県鳥羽市)
受賞酒発表:10月下旬に公式Webサイト「SAKE selection」内で発表
表彰式:11月21日(水) 会場:駐日ベルギー王国大使館(東京都千代田区)
トロフィー酒セレモニー:2019年初頭 会場:ブリュッセル市庁舎

公式Webサイト
https://sakeselection.jp/

エントリーと募集要項
https://sakeselection.jp/regulation/

権威ある国際コンクールに「SAKE selection」新設、三重県で開催

written bysakefan.管理人

http://sakefan.net/ 日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」Website管理者 https://www.facebook.com/sakefan 日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」Facebookページ管理者

Hot Entry

sakefanについて

「sakefan」は日本酒ファンと蔵元をつなぐコミュニティサイトです。
日本酒の楽しみ方提案や、蔵元を中心にした地域の紹介などを通じて、みなさまとともに日本酒業界の活性化を目指していきたいと思います。
Facebookページ共々、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

運営者情報

サイト名 
日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」
運営会社 
高桑美術印刷株式会社
連絡先  
info@sakefan.net

お問い合わせ

一般のユーザさまへ

記事などのご質問はこちらからお願い致します。

お問い合わせ

蔵元さまへ

FACEBOOKの登録、イベントの告知希望などのお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせ