日本酒蔵元情報

4361

雁木/八百新酒造株式会社

蔵元/銘柄 : 雁木(がんぎ),錦乃誉

雁木/八百新酒造株式会社

今津という地は、その名が示す通り、水上交通の拠点として発展した町でした。 城下町として栄えた現在の西岩国地区と並んで、錦川が二股に分かれて瀬戸内海へと流れ込む一方の河口であり、創業以来八百新酒造の蔵が位置するこの今津川口もまた、岩國藩にゆかりの深い土地である事実を忘れるわけにはいきません。 今津川の『雁木』と呼ばれた船着場のあった河畔には、藩主をはじめとする岩國藩の要人の宿泊施設である『御茶屋』、藩の物資倉庫として主に米・紙を貯蔵した『御蔵』、等が建ち並び、このため今津は藩の物流基地として、そしてまた商いの町として大いなる繁栄を見ることになったのです。 維新以降その役割を終えた『御蔵』を新三郎は醤油蔵および酒蔵として蘇らせました。明治の中期に建てられた酒蔵は、一世紀を超えて発酵を司ってきた酵母ばかりでなく歴代の杜氏・蔵人の酒造りに懸ける熱い想いをも染み込ませた梁や土壁を当時のままに残し、今も現役の蔵としてその歴史を積み重ねています。

Hot Entry

sakefanについて

「sakefan」は日本酒ファンと蔵元をつなぐコミュニティサイトです。
日本酒の楽しみ方提案や、蔵元を中心にした地域の紹介などを通じて、みなさまとともに日本酒業界の活性化を目指していきたいと思います。
Facebookページ共々、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

運営者情報

サイト名 
日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」
運営会社 
高桑美術印刷株式会社
連絡先  
info@sakefan.net

お問い合わせ

一般のユーザさまへ

記事などのご質問はこちらからお願い致します。

お問い合わせ

蔵元さまへ

FACEBOOKの登録、イベントの告知希望などのお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせ