レポート

Report

「The Birth of Saké」金沢で日本プレミア上映!

2015 12.19

TBOSポスターdd

酒造りの最盛期に酒蔵の生活を追った映画を地元で観る

見終わったあと、観客の口をついて出たのは、一様に「美しい映画がだった」ということ。そして、それぞれの思いのあるシーンをトレースした。

ニューヨークでアート系の映像作家として活躍するエリック・シライ監督が、石川県で「手取川」を醸す吉田酒造の次期蔵元と知り合い、酒蔵に、酒造りに興味を抱いたのが3年前。以来、3冬通って蔵に泊まり、時には夏に杜氏の自宅も訪れて、昔ながらの杜氏制度の元で行なわれている、とある酒蔵の酒造りの1年を丹念に追い、詩情あふれる作品に仕上げました。

美しいといわれたその映像は、監督独特のアーティスティックな撮影手法や編集の仕方から生み出されたもの。そして、同時に対象である酒蔵が、酒造りの日々が、歴史と美を併せ持ち、きびきびしたその動きが美しく流れているからでしょうか。それを見つめ続けた監督の目線が。驚きと優しさに満ちていたのだろうと、その気持ちも伝わってくる気がします。

最初となるプレミアム上映が行なわれた映画館「REGAL CINEMAS」

最初となるプレミアム上映が行なわれた映画館「REGAL CINEMAS」

世界最初のプレミアム上映となったのは、今年の5月に、監督のフィールドでもあるニューヨークで行なわれている「トライベッカ国際映画祭」でした。初公開で2つの賞に輝いた、記念すべき映画祭隣り、初日にはレッドカーペットでの入場も果たしたそうな。初日の夜に行なわれた祝賀パーティの様子は以前、ご報告した通りです(→こちら)。

この時のために取っておいた?、映画祭のご報告を。

2日目の上映は、チェルシー地区にある「Bow Tie Cinemas Chelsea 」

2日目の上映は、チェルシー地区にある「Bow Tie Cinemas Chelsea 」

当日券の発売を待つ列。

当日券の発売を待つ列。

会場の前には、当日券を求める人たちが並ぶ場所が用意されているのですが、上の写真を見ていただくとお分かりのように、向かって左側(手前)が「Birth of Sakeé」の列にたくさんの希望者が集中し、注目度の高さがが分かります。ちなみ隣りの列は2・3人でした。


「The Birth of Saké」

監督:Erik Shirai    プロデューサー:Masako Tsumura
キャスト:山本輝幸(吉田酒造店 杜氏)、吉田泰之(吉田酒造店 次期蔵元)
<受賞歴>
◆トライベッカ国際映画祭 2015 (New York , USA)  審査員特別新人監督賞
◆ベンド国際映画祭 2015 (Bend , Oregon , USA)  最優秀ドキュメンタリー賞/最優秀監督賞
など

上映終了後の関係者インタビュー。背もたれが他界ので見えにくいが、ほぼ満員の観客はそのまま残っていた。

上映終了後の関係者インタビュー。背もたれが高いので見えにくいが、ほぼ満員の観客はそのまま残っていた。

監督、蔵人、杜氏、とひと言ずつ語ったあと、質問が尽きない。

監督、蔵人、杜氏、とひと言ずつ語ったあと、次々に質問が飛んだ。

インタビューが終わると多 勢の観客がスクリーン前に押し寄せた。

インタビューが終わると多勢の観客がスクリーン前に押し寄せた。

NY在住の日本人も多いかと思ったのですが95%が日本人、というよりアジア人以外のようでした。現地の日本酒関係の日本人に聞いたところ、別の日に行っていたようです。当初、4回だった上映が追加上映も出て、いかに今、ニューヨークで日本酒が注目されているか、察せられる気がします。

ーー石川上映会 @金沢21世紀美術ーー

【日 時】2016年1月30日(土)13:30~、14:00~、1月31日(日)10:30~、14:00~
(1日2回、上映時間92分、開演の1時間前から受付開始)
【会 場】金沢21世紀美術館 シアター21  石川県金沢市広坂1-2-1
【料 金】1,000円(税込、小さなお酒のプレゼント付き)
※当日、会場の専用窓口にて現金でお願い致します。
【申込方法】こちら http://www.kokuchpro.com/event/tbos/
よりお申し込みください。
【主催/事務局】「THE BIRTH OF SAKE」石川サポーターズ
お問合せ (井上/浜田)
*最新情報はFace Bookで:THE BIRTH OF SAKE 石川上映会 @金沢21世紀美術館https://www.facebook.com/events/542202645947789/

 

これまでの映画情報は
「Kampai!〜」東京国際映画祭で上映!「The Birth of Sake」作品賞授賞!
スクリーンで観るSake Worldに世界が注目!?
トライベッカ映画祭でお披露目 

 

た。

 

「The Birth of Saké」金沢で日本プレミア上映!

written by伝々

【伝々(でんでん)】こと、ライターの伝農(でんのう)浩子です。 音楽雑誌編集部や旅行を扱う編集プロダクションを経てフリーランスに。 国内外を扱うガイドブックで取材スタッフを続けた後、人物インタビュー、中でも日本に住み日本の伝統文化を継いでいる外国人、日本の伝統文化を海外に広めている人などを、また、ビアトリクス・ポターと「ピーターラビット」シリーズなどをテーマに取材、執筆、撮影。 その一方で、1993年から、ある日本酒の会の試飲会を手伝い、幸せそう〜に帰っていく人たちを見送ってきました。数年前からは、日本酒を取り巻く状況もテーマとなっています。 *****過去記事***** 日本酒関係  日本酒以外

Hot Entry

sakefanについて

「sakefan」は日本酒ファンと蔵元をつなぐコミュニティサイトです。
日本酒の楽しみ方提案や、蔵元を中心にした地域の紹介などを通じて、みなさまとともに日本酒業界の活性化を目指していきたいと思います。
Facebookページ共々、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

運営者情報

サイト名 
日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」
運営会社 
高桑美術印刷株式会社
連絡先  
info@sakefan.net

お問い合わせ

一般のユーザさまへ

記事などのご質問はこちらからお願い致します。

お問い合わせ

蔵元さまへ

FACEBOOKの登録、イベントの告知希望などのお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせ