レポート

Report

「復興◎福島 大森弾丸ツアー2015」のアルバム

2016 04.22

お店と蔵元、息もぴったり!

毎年、どこかでドラマが生まれる「大森弾丸ツアー」。

一度組んだら、よっぽどの事情がない限り、蔵元と飲食店の組み合わせは変わらないので、緊密で、居心地の良い空気が流れています。で、ついつい長居をすると……。
込んでいたら後回しにして、ご近所の店舗のに行くのが。正解です。次の人が待っていたら、なるべく早く味わって、あはh他のが入れなくなってしまいます。

『天明』『一生青春』の 曙酒造さんと「季節料理 こばやし」は、北口側に。

『天明』 『一生青春』の 曙酒造さんと「季節料理 こばやし」は、北口側に。

大森弾丸02DSC_7537ds

『廣戸川』松崎酒造店と「創作ダイニング 凛」では、蔵元の入れる燗酒が人気だった模様。

大森弾丸04DSC_7547ds


  『会津娘』sんは、高橋庄作商店と「日本料理 仲志満」は、当日前のイベントなども活発。ご覧の通りの大賑わい。

大森弾丸07DSC_7561ds

『榮川』 榮川酒造 は 「GLEN  Whisky & Cocktail Bar」で。本格バーが初の参加。今年も継続です。

大森弾丸06DSC_7556ds

大森弾丸08DSC_7571ds


大森弾丸09DSC_7587ds 『磐城寿』『一生幸福』鈴木酒造店長井蔵と、イタリアンの「トラットリア バガボンド」!? 合うんです。

大森弾丸10DSC_7596ds

『花泉』 『ロ万』は「花泉酒造 和の酒 T’sBAR」で。「大森弾丸ツアー」終了後もお店は営業しているので、再びこみだしま

「復興◎福島 大森弾丸ツアー2015」のアルバム

written by伝々

【伝々(でんでん)】こと、ライターの伝農(でんのう)浩子です。 音楽雑誌編集部や旅行を扱う編集プロダクションを経てフリーランスに。 国内外を扱うガイドブックで取材スタッフを続けた後、人物インタビュー、中でも日本に住み日本の伝統文化を継いでいる外国人、日本の伝統文化を海外に広めている人などを、また、ビアトリクス・ポターと「ピーターラビット」シリーズなどをテーマに取材、執筆、撮影。 その一方で、1993年から、ある日本酒の会の試飲会を手伝い、幸せそう〜に帰っていく人たちを見送ってきました。数年前からは、日本酒を取り巻く状況もテーマとなっています。 *****過去記事***** 日本酒関係  日本酒以外

Hot Entry

sakefanについて

「sakefan」は日本酒ファンと蔵元をつなぐコミュニティサイトです。
日本酒の楽しみ方提案や、蔵元を中心にした地域の紹介などを通じて、みなさまとともに日本酒業界の活性化を目指していきたいと思います。
Facebookページ共々、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

運営者情報

サイト名 
日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」
運営会社 
高桑美術印刷株式会社
連絡先  
info@sakefan.net

お問い合わせ

一般のユーザさまへ

記事などのご質問はこちらからお願い致します。

お問い合わせ

蔵元さまへ

FACEBOOKの登録、イベントの告知希望などのお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせ