レポート

Report

映画「カンパイ!」のお酒できました!

2016 05.19
左から小西未来監督、千葉麻里絵さん、久慈浩介さん。

左から小西未来監督、千葉麻里絵さん、久慈浩介さん。

映画「カンパイ!」応援シークレットパーティへ潜入! 7月の日本公開が決まり、待ち遠しい映画「カンパイ! 世界が恋する日本酒」。 日本酒を世界に売っていこうと奮闘する蔵元・久慈浩介さん、日本酒を正しく扱ってもらうために知識を世界に広める教育を続けている日本酒ジャーナリストで日本酒伝導士・ジョン・ゴントナーさん、そして、日本のことはほとんど知らないままイギリスからやって来て初の外国人杜氏にまでなったフィリップ・ハーパーさん。 日本と海外を行き来し、橋渡しをする彼らの生き方を通して日本酒の魅力を浮き彫りにする、ひと言で言えば、日本酒を飲みたくなる、飲まずにいられなくなる映画、です。 だったら映画のお酒を造っちゃおう、ということで、オリジナル酒の企画が進行していたのですが、その「KAMPAI!」がついに完成し、先日、お披露目のシークレットパーティが開かれました。

ついにお披露目のとき。

ついにお披露目のとき。

Kampai_03_cMasahiko.Sakai


監督はまだ到着していませんが、まずは、1度目のカンパイ 監督はまだ到着していませんが、まずは、1度目のカンパイ! (上写真:©masahiko.sakai)

造りを担当したのは、映画の主役のひとりで「南部美人」社長の久慈浩介さん。プロデュースは今や日本酒バー激戦区となった恵比寿の火付け役の1軒「GEM by moto」のカリスマ店長、千葉麻里絵さん。 なぜ麻里絵さん?? ネタバレになりますが、トレーラーを見ていただいた方はお分かりかと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=Ag5fB4cSeYo

久慈さんからお酒の説明。料理は麻里絵さんがお酒に合わせて。

久慈さんからお酒の説明。料理は麻里絵さんがお酒に合わせて。

久慈さん曰く。 「ある日メールが届き、酒質の設計が書かれていたのですが、麻里絵さんは本当に良くお酒のことを知っているので、オーダーが細かい(苦笑)。」 喋り始めたら独壇場の久慈さん。要所を押さえながらも場を湧かせます。 麻里絵さんからのオーダーで、久慈さんにとってもっとも大きかった課題が、今まで使ったことのない6号酵母を使ってくれ、というもの。 「おれもついに祐輔(6号酵母発祥の酒蔵・新政酒造社長・佐藤祐輔さん)の軍門に下るのか、と悩みましたが(会場内大爆笑)、こっちも造り手として、やってやろうじゃないか、と」 その結果、新しい「南部美人」の横顔を見せてくれるお酒ができました。

監督が登場し再びカンパイ。右真ん中は、新たなクラウドファウンディングのお礼の一つとなっているお酒「KAMPAI!」と、カンパイグラス。

監督が登場し再びカンパイ。右真ん中は、新たなクラウドファウンディングのお礼の一つとなっているお酒「KAMPAI!」と、「KAMPAI!グラス」。

この日、数々の取材をこなして、やっと監督が登場。ややよれよれで駆けつけた監督は、場の雰囲気に元気が回復した模様。 「この映画を作ろうと思った時は、ファウンディングに協力してくれた人たちにDVDを送って、出演してくれた人たちと、その映画を見ながらお酒でも飲めたらいいなと思ったのですが、気がつけば、東京国際映画祭などの映画祭にも正式招待され、日本で凱旋上映、海外でも11カ国で配給が決まり、と、みなさんのおかげで、どんどん育っていきました」 ゴールデングローブ賞を選考するハリウッド外国人記者協会に所属する映画ジャーナリストとして活躍する小西監督の編集もツボを心得、見る者をぐいぐい引っ張ります。

やはり日本酒の映画「一献の系譜」の石井かほり監督(左下写真の左から3人目)やフリーアナウンサーで酒サムライのあおい有紀さん(右下写真の左から2人目)など、話題の方々も。ちなみに、麻里絵さんと一緒の方は、それぞれの店舗が店長の個性を活かして個性的な酛グループを率いる平井克彦社長!

やはり日本酒の映画「一献の系譜」の石井かほり監督(左下写真の左から3人目)→フリーアナウンサーで酒サムライのあおい有紀さん(右下写真の左から2人目)など、話題の方々も。ちなみに、麻里絵さんと一緒の方は、それぞれの店舗が店長の個性を活かして個性的な酛グループを率いる平井克彦社長!

 

観光課など二戸市の職員の方々と、千葉麻里絵さんも盛岡、ということで、「チーム岩手」。

観光課など二戸市の職員の方々と、千葉麻里絵さんも盛岡、ということで、「チーム岩手」。

そして、再び、クラウドファウンディングが行なわれています。今回は映画の広報活動にもみんなで協力しよう!というもの。そして、このお酒は、クラウドファウンディングで、お礼の品の一つにもなっている、タンク1本分完全売り切りの稀少なお酒です。すてきなグラスの付いたコースもあります。 今ならまだ、間に合いますよ。

https://motion-gallery.net/projects/kampaimovie

入りきれないほどの人が駆けつけ、楽しく賑やかに行なわれました。

入りきれないほどの人が駆けつけ、楽しく賑やかに行なわれました。

 

映画「カンパイ!」のお酒できました!

written by伝々

【伝々(でんでん)】こと、ライターの伝農(でんのう)浩子です。 音楽雑誌編集部や旅行を扱う編集プロダクションを経てフリーランスに。 国内外を扱うガイドブックで取材スタッフを続けた後、人物インタビュー、中でも日本に住み日本の伝統文化を継いでいる外国人、日本の伝統文化を海外に広めている人などを、また、ビアトリクス・ポターと「ピーターラビット」シリーズなどをテーマに取材、執筆、撮影。 その一方で、1993年から、ある日本酒の会の試飲会を手伝い、幸せそう〜に帰っていく人たちを見送ってきました。数年前からは、日本酒を取り巻く状況もテーマとなっています。 *****過去記事***** 日本酒関係  日本酒以外

Hot Entry

sakefanについて

「sakefan」は日本酒ファンと蔵元をつなぐコミュニティサイトです。
日本酒の楽しみ方提案や、蔵元を中心にした地域の紹介などを通じて、みなさまとともに日本酒業界の活性化を目指していきたいと思います。
Facebookページ共々、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

運営者情報

サイト名 
日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」
運営会社 
高桑美術印刷株式会社
連絡先  
info@sakefan.net

お問い合わせ

一般のユーザさまへ

記事などのご質問はこちらからお願い致します。

お問い合わせ

蔵元さまへ

FACEBOOKの登録、イベントの告知希望などのお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせ