レポート

Report

全国都道府県から蔵元さんとお酒が集結。「日本酒フェア2016」

2016 06.15

日本酒フェア2016_9270ds_1

鑑評会出品酒や各県自慢のお酒をきき酒

魂を込めたと言っても過言ではない選りすぐりの受賞酒が試飲できるまたとない機会。
腕試しと考えて、市販されているお酒の傾向と全く慕うタイプのお酒を出品したり、逆に、ふだん販売しているお酒を敢えて出品して、挑戦してみたり。 実際にこのお酒を造った蔵元さんや杜氏さんたちも多数、駆けつけています。丹誠込めて造ったお酒、今年の出来具合はを確認したり、傾向を見たり、と、チェックに余念がありません。

あくまでもきき酒をするための場所ですから、くれぐれも飲み放題と勘違いして、一カ所に留まって列の流れを止めたり、酔っぱらって騒いだり、座り込んだり、果ては戻したり、等ということのないよう。気をつけましょうね。」 神酒、ワイングラスでいただく日本sHK$のセミナーは、当日でも空きがあれば参加できますが、人気のセミナーですので、予約登録して行く方が安全でしょう。

「日本酒」にはこのシールが貼られます。

日本産の米、酵母、水など、日本産のもので日本で造られたお酒だけが「日本酒」と呼ぶことができる。にはこのシールが貼られます。

試飲もセミナーも盛り沢山な「日本酒フェア」

現在、国内、全ての県で日本酒蔵がある、って、知っていましたか?そんな日本の酒蔵が、沖縄・鹿児島をのぞいて勢揃いする「日本酒フェア」各県のブースに加えて、お馴染み、歴代総理の「國酒」額がずらりと並ぶ日本酒造組合中央会、農大から始まった「花酵母研究会」のブース、先日、初の日本製式開催された「IWC(International Wine Challenge )」を日本で支える日本酒造組合中央会青年会議のブースでは、受賞酒の試飲ができます。小腹が空いたら、おつまみエリアへ。 そして、バラエティ豊かかな、セミナー。毎年、杜氏さんを招いてのトークも必見です。 チラシはこちら。
2016_fair_en 2016_fair

◆◆◆「日本酒フェアセミナー」◆◆◆

12:00 ~ 12:30
① 「外国人杜氏による酒造り」
講師:フィリップ・ハーパー氏(京都府 木下酒造⑰ 杜氏)

13:15 ~ 13:45
② 「平成27酒造年度の全国新酒 鑑評会について」
講師:藤井 力氏 (独立行政法人酒類総合研究所 品質・安全性研究部門部門長)

16:00 ~ 16:30
③ 「涼を運ぶ! 夏の日本酒クールスタイル」
講師:友田 晶子氏(トータル飲料コンサルタント)

17:00 ~17:30
④ 「酒造り今昔~ベテラン杜氏と女性杜氏との対談~」
講師:高橋 藤一氏(秋田県 ⑭齋彌酒造店 杜氏)
千野 麻里子氏(長野県 ⑭酒千蔵野 杜氏)

18:15 ~18:45
⑤ 「心とカラダを癒す日本酒の飲み方」
講師:こばた てるみ氏(日本酒スタイリスト)

◆◆◆DVD映画上映◆◆◆

11:00 ~ 12:00 アニメ KANPAI-乾杯-
12:30 ~ 13:15 酒蔵めぐり(英語)
13:45 ~ 14:00 日本酒ができるまで
14:30 ~ 17:00 アニメ KANPAI-乾杯-
17:30 ~ 18:15 酒蔵めぐり(英語)
18:45 ~ 19:00 日本酒ができるまで

◆◆◆「燗酒と生ハムのマッチング」セミナー◆◆◆

【講師】狩野卓也(酒文化研究所)
【時間】①11:00~ ①12:00~ ③13:00~ ④16:00~  ⑤17:00~ ⑥18:00~
【料金】参加費1000円(税込) 当日お支払い。
*下記のサイトから事前予約の登録できます。すでに定員の場合は追って連絡あり。
https://www.s-db.jp/entry?=c2b2935cb7fa0d8913b5c21a88d9aa68747%2CDe

◆◆◆ワイングラスでおいしい日本酒アワードのセミナー 2016◆◆◆

【講師】:山田聡昭(酒文化研究所)
【時間】①11:30~ ②12:30~ ③13:30~ ④16:30~ ⑤17:30~ ⑥18:30~ 【料金】参加費1500円。 当日お支払い。*下記のサイトから事前予約の登録できます。すでに定員の場合は追って連絡あり。
https://www.s-db.jp/entry?k=b8d62a6e8fbdfe81ea3bbaddfc42ec46747%2Ce4

■■■ 「公開きき酒会」、「第10回全国日本酒フェア2016」 ■■■

【日にち】2014年6月18日(土)

◆◆公開きき酒会
【時間】[第1部]10:00~13:00(入場は12:00まで) / [第2部]15:30~19:00(入場は18:30まで)
【場所】池袋サンシャインシティ文化会館4F 展示ホール

◆◆第10回全国日本酒フェア
【時間】[第1部]]10:30~14:00(入場は13:30まで) / [第2部]5:30~19:00(入場は18:30まで)
【場所】池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4F 展示ホールA

【入場料】前売券3,500円 / 当日券4,000円(公開きき酒会と全国日本酒フェアの共通券)
当日券1,500円(全国日本酒フェアのみ)
【チケット】*以下の「日本酒フェア2016」(公開きき酒会と全国日本酒フェアの共通券)
チケット販売サイトで
e+(イープラス)
http://eplus.jp/sake/ (パソコン・携帯)、ファミリーマート(直接購入)
チケットぴあ
TEL:0570-02-9999 「Pコード:632-297」
http://pia.jp/t/ (パソコン・携帯)
JTBエンタメチケット
TEL:0570-03-0311
http://jtb.co.jp/ticket/
JTB各支店、JTB総合提携店、コンビニエンスストア
(第1部0242980、第2部0242981)

【主催】日本酒造組合中央会
https://www.japansake.or.jp/sake/fair/index.html

日本酒フェアセミナースケジュール 日本酒フェアセミナースケジュール

以下、昨年の様子です。

「開運」(静岡県)の榛葉杜氏(右上写真)、手前右とその右は「臥竜梅」(静岡県)蔵元、そして、あの方も。

「開運」(静岡県)の榛葉杜氏(右上写真)、手前右とその右は「臥竜梅」(静岡県)蔵元、そして、あの方も。

賑わう各県のブース。

各県のブースはいつも賑わって。試飲も飛び込んで行かないと入れないことも。

賑わう各県のブース。

農大花酵母研究会など、様々な団体のブースも必見。

全国都道府県から蔵元さんとお酒が集結。「日本酒フェア2016」

written by伝々

【伝々(でんでん)】こと、ライターの伝農(でんのう)浩子です。 音楽雑誌編集部や旅行を扱う編集プロダクションを経てフリーランスに。 国内外を扱うガイドブックで取材スタッフを続けた後、人物インタビュー、中でも日本に住み日本の伝統文化を継いでいる外国人、日本の伝統文化を海外に広めている人などを、また、ビアトリクス・ポターと「ピーターラビット」シリーズなどをテーマに取材、執筆、撮影。 その一方で、1993年から、ある日本酒の会の試飲会を手伝い、幸せそう〜に帰っていく人たちを見送ってきました。数年前からは、日本酒を取り巻く状況もテーマとなっています。 *****過去記事***** 日本酒関係  日本酒以外

Hot Entry

sakefanについて

「sakefan」は日本酒ファンと蔵元をつなぐコミュニティサイトです。
日本酒の楽しみ方提案や、蔵元を中心にした地域の紹介などを通じて、みなさまとともに日本酒業界の活性化を目指していきたいと思います。
Facebookページ共々、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

運営者情報

サイト名 
日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」
運営会社 
高桑美術印刷株式会社
連絡先  
info@sakefan.net

お問い合わせ

一般のユーザさまへ

記事などのご質問はこちらからお願い致します。

お問い合わせ

蔵元さまへ

FACEBOOKの登録、イベントの告知希望などのお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせ