レポート

Report

IWC 結果発表! チャンピオンは南部美人、ベストバリュー&年間最高酒蔵は一ノ蔵!

2017 07.07
チャンピオン・サケを受賞した「南部美人」の久慈浩介社長夫妻。

チャンピオン・サケを受賞した「南部美人」の久慈浩介社長夫妻。

グレート・ヴァリュー・サケと、ベストリュリューワリーオブザイヤーを受賞した「一ノ蔵」鈴木整社長

グレート・ヴァリュー・サケと、ベストリュリューワリーオブザイヤーを受賞した「一ノ蔵」鈴木整社長

(写真提供:IWCアンバサダー平出淑恵さん)

歴史ある蔵が初受賞

7月6日、ロンドン・ヒルトン・オン・パークレーンに於いてIWCInternational Wine Challenge)のチャンピオン酒が発表されました。
イギリスはもちろん、フランス、アメリカ、スペイン、オーストラリアなど、各国から集まったワイン関係者に囲まれ、日本からトロフィー受賞蔵の皆さんが参加。

チャンピオン・サケは「南部美人 特別純米酒」。

グレート・ヴァリュー・サケは「一ノ蔵 無鑑査本醸造 甘口」

そして、ベストブリュワーオブザイヤーは、株式会社一ノ蔵

となりました。いずれも初受賞。

おめでとうございます!

 

◆IWC 2017 Sake Challengeチャンピオン・サケ受賞酒◆
純米酒の部 株式会社南部美人   「南部美人 特別純米」 岩手県

◆IWC Great Value Sake グレートバリューサケ◆
本醸造 株式会社一ノ蔵 「一ノ蔵 無鑑査本醸造 甘口」 宮城県

◆IWC 2017 Sake Challengeベストブリュワーオブザイヤー◆
株式会社一ノ蔵

 

IWC 2017 Sake Challenge 『トロフィー受賞酒』

部門 銘柄 蔵元 都道府県
純米酒の部 南部美人 特別純米 株式会社南部美人 岩手県
純米吟醸酒の部 純米吟醸 からはし 山田錦 ほまれ酒造株式会社 福島県
純米大吟醸酒の部 金雀 40% 有限会社堀江酒場 山口県
本醸造酒の部 一ノ蔵 無鑑査本醸造 甘口 株式会社一ノ蔵 宮城県
吟醸酒の部 開運 吟醸 山田錦 株式会社土井酒造場 静岡県
大吟醸酒の部 辯天 極上 大吟醸原酒 山田錦 合資会社後藤酒造店 山形県
古酒の部 談山 貴醸酒 累醸酒 西内酒造 奈良県
スパークリングの部 出羽桜 とび六 出羽桜酒造株式会社 山形県
普通酒の部 聖徳 別撰 聖徳銘醸株式会社 群馬県

 

IWC 2017 Sake Challenge『Great Value Sake (グレートバリューサケ)受賞酒』

部門 銘柄 蔵元 都道府県
普通酒 聖徳 別撰 聖徳銘醸株式会社 群馬県
普通酒 蓬莱 上撰 有限会社渡辺酒造店 岐阜県
普通酒 不動 軽快辛口 鍋店株式会社 千葉県
普通酒 渓流 蔵囲い 株式会社遠藤酒造場 長野県
本醸造 一ノ蔵 無鑑査本醸造 甘口 株式会社一ノ蔵 宮城県

 

IWC 2017 Sake Challenge 『エリア・トロフィー受賞酒』

部門 銘柄 蔵元 都道府県
純米酒の部 梵 ・純米 55 合資会社加藤吉平商店 福井県
鈿女 特別純米 伊藤酒造株式会社 三重県
純米吟醸酒の部 自然酒 純米吟醸 有限会社仁井田本家 福島県
渡舟 純米吟醸ふなしぼり 府中誉株式会社 茨城県
大信州 N.A.C. ひとごこち 大信州酒造株式会社 長野県
純米大吟醸酒の部 太平山 純米大吟醸 天巧 小玉醸造株式会社 秋田県
菊 純米大吟醸 株式会社虎屋本店 栃木県
燦然 純米大吟醸 菊池酒造株式会社 岡山県
本醸造酒の部 鍋島 特別本醸造 富久千代酒造有限会社 佐賀県
吟醸酒の部 - - -
大吟醸酒の部 雪の茅舎 花朝月夕 株式会社齋彌酒造店 秋田県
本洲一 大吟醸原酒 合名会社梅田酒造場 広島県
古酒の部 一ノ蔵 Madena 株式会社一ノ蔵 宮城県
スパークリングの部 - - -
普通酒の部 不動 軽快辛口 鍋店株式会社 千葉県
渓流 蔵囲い 株式会社遠藤酒造場 長野県

 

IWCにsake部門が創設されて11年目となった今回のコンペティション。二人のキーパーソンに話を伺いました。

創設のきっかけを作ったIWCアンバサダーの平出淑恵さん。感慨深く語ってくれました。

「11年目に、初年度の228銘柄から、1,245銘柄までに出品が増えて感慨無量です。毎年、大使ご夫妻も出席してくださり、官民で日本酒の国際化を盛り立てている大会になっていると感じます。

この大会の最初には、ワインマーチャントアワードが設けられており、あらゆるタイプの酒販関係者を表彰します。IWCは、生産者のみならず、優れた酒販関係者をも讃えているのです。こうして産業全体を盛り立てているこの大会やワイン産業に日本酒ばまだまだ学ぶところが多いと思います」

また、2011年から連続で審査員を務め、WSETの日本酒検定では日本酒資格開発マネージャーとして、立ち上げから関わる、ロンドン在住の菊谷なつきさんは、

「2011年から毎年日本酒審査に関わらせて頂き、毎年進化する日本酒部門を肌で感じさせて頂いています。世界中の日本酒教育と販売の中心にいる審査員の方々と共に 世界基準の日本酒を審査し、受賞蔵と連携をして日本酒カテゴリー全体の販売拡大に繋げられる未来を願っています」と話してくれました。

IWC 結果発表! チャンピオンは南部美人、ベストバリュー&年間最高酒蔵は一ノ蔵!

written by伝々

【伝々(でんでん)】こと、ライターの伝農(でんのう)浩子です。 音楽雑誌編集部や旅行を扱う編集プロダクションを経てフリーランスに。 国内外を扱うガイドブックで取材スタッフを続けた後、人物インタビュー、中でも日本に住み日本の伝統文化を継いでいる外国人、日本の伝統文化を海外に広めている人などを、また、ビアトリクス・ポターと「ピーターラビット」シリーズなどをテーマに取材、執筆、撮影。 その一方で、1993年から、ある日本酒の会の試飲会を手伝い、幸せそう〜に帰っていく人たちを見送ってきました。数年前からは、日本酒を取り巻く状況もテーマとなっています。 *****過去記事***** 日本酒関係  日本酒以外

Hot Entry

sakefanについて

「sakefan」は日本酒ファンと蔵元をつなぐコミュニティサイトです。
日本酒の楽しみ方提案や、蔵元を中心にした地域の紹介などを通じて、みなさまとともに日本酒業界の活性化を目指していきたいと思います。
Facebookページ共々、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

運営者情報

サイト名 
日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」
運営会社 
高桑美術印刷株式会社
連絡先  
info@sakefan.net

お問い合わせ

一般のユーザさまへ

記事などのご質問はこちらからお願い致します。

お問い合わせ

蔵元さまへ

FACEBOOKの登録、イベントの告知希望などのお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせ