レポート

Report

焼酎王国•宮崎で大人気「大吟醸を楽しむ会」

2018 06.29

宮崎大吟醸の会_01

この週末、7月1日(日)に、焼酎王国、宮崎県へ東京、大阪などからも大勢の日本酒ファンが駆けつける日本酒イベントが開催されます。

なにしろ今年で21年目、毎年、7月第一日曜日に行われ、そのわずか1か月前に発売されるチケットは、600名という定員が1週間経たずに完売、第2週に抽選が行われるというほど。それが、「大吟醸を楽しむ会」。

会のオープニングを飾ったのは、地元宮崎をベースに広く活動する和太鼓集団「橘太鼓『響座』」。ジュニアチームもジュニアの大会で優勝したこと丸という実力。

第20回という記念の会でオープニングを飾ったのは、地元宮崎をベースに広く活動する和太鼓集団「橘太鼓『響座』」。若手、というよりは、まだまだ可愛い子供たちも、ジュニアチームの大会で優勝したという実力派。

21年前の1998年7月25日(日)、記念すべき第1回が開催されました。参加者は今の半分、とはいえ、310人という参加者だったそうです。

現在は株式会社地域活性化プロジェクトとなって事務局を引き受けている満元英明氏が、「日本の酒と食の文化を守る会」を主催し、2015年には酒サムライも叙任にされた村田淳一氏に、会の開催について相談し協力を、得る。結果、世話人として様々な分野の重鎮が集い、その心意気に賛同して酒蔵が参加する、心温まる会がスタートしたそうです。

一人ずつ入場の蔵元さんたち

一人ずつ入場の蔵元さんたち。この時は、紅一点、唯一の燗酒担当となった森喜酒造(白の写真中央)。

以来、常に全国から酒蔵が約40蔵が宮崎に集まるという、巨大イベントとなり、定着。2000年には、45都道府県という日本酒蔵のある全県から揃うと言う、ユニークな試みも行われました。

参加者は可能なギリギ入りの600人。そのため、冒頭のように、数日で完売、抽選、ということになりますが、先着順ではないところに優しさを感じます。

全国から集い、受賞酒など自慢のお酒を振る舞う蔵元さんたち

全国から集い、受賞酒など自慢のお酒を振る舞う蔵元さんたち

奇しくも、4〜6月にかけて発表される、鑑評会、協議会。その結果を受けて開かれるこの会ですから、受賞蔵は喜びと自信を持って受賞酒を持ち込みます。そこここで「おめでとう」の声が飛び交う会でもあります。また、宮崎という土地柄もあるのか、家族そろって参加する蔵元さんたちも多く、どこかゆったりとした表情が感じられます。

乾杯!20周年

乾杯!20周年

来年は、ぜひチケットにトライしてみてはいかがでしょうか。

そして、宮崎県にある2つの日本酒蔵、焼酎でも有名な雲海酒造(宮崎市)と日本酒蔵の千徳酒造(延岡市)2蔵も応援していきたいものです。

https://www.daiginjo.biz

宮崎大吟醸の会_10

 

焼酎王国•宮崎で大人気「大吟醸を楽しむ会」

written bysakefan.管理人

http://sakefan.net/ 日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」Website管理者 https://www.facebook.com/sakefan 日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」Facebookページ管理者

Hot Entry

sakefanについて

「sakefan」は日本酒ファンと蔵元をつなぐコミュニティサイトです。
日本酒の楽しみ方提案や、蔵元を中心にした地域の紹介などを通じて、みなさまとともに日本酒業界の活性化を目指していきたいと思います。
Facebookページ共々、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

運営者情報

サイト名 
日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」
運営会社 
高桑美術印刷株式会社
連絡先  
info@sakefan.net

お問い合わせ

一般のユーザさまへ

記事などのご質問はこちらからお願い致します。

お問い合わせ

蔵元さまへ

FACEBOOKの登録、イベントの告知希望などのお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせ