レポート

Report

IWC「チャンピオン・サケ 2018」、ロンドンにて決定

2018 07.11

IWC2018 「SAKE部門」 チャンピオンは?!

3度目の日本開催となった今年のIWC(International Wine Challenge)審査会。山形県で行われた審査の結果、入賞酒と各部門のトップとなるトロフィー受賞酒が発表されたのが5月18日でした。そして、日本時間の本日7月11日早朝、歴代最多応募数となった1636銘柄の頂点、チャンピオン・サケが発表されました。同時に、「Sake Brewer of the year」(応募数と結果の比率で優秀な成果を上げた酒蔵)。そして、「グレートバリュー・サケ」(入賞酒の中で、4合瓶換算10万本を出荷し、小売価格1,000円以下で販売されているお酒から選ばれる)もされ、表彰式が執り行われました。

それでは、栄えある受賞酒は以下の通り。

チャンピオン・サケ
「奥の松 あだたら吟醸」
奥の松酒造株式会社(福島県)

「IWC2018チャンピオン・サケ」受賞の奥の松酒造株式会社

「IWC2018チャンピオン・サケ」受賞の奥の松酒造株式会社

IWC2018 グレートバリュー・サケ
「月桂冠 特選 本醸造」
月桂冠株式会社(京都府)

グレートバリューチャンピオンサケ受賞の月桂冠株式会社

グレートバリューチャンピオンサケ受賞の月桂冠株式会社

IWC2018 Sake Brewer of the year

東北銘醸株式会社(山形県)

「IWC2018Brewer of the year」受賞の東北銘醸株式会社

「IWC2018Brewer of the year」受賞の東北銘醸株式会社

 

IWC2018 「SAKE部門」  

http://www.sakesamurai.jp/iwc2018.html

 

IWC「チャンピオン・サケ 2018」、ロンドンにて決定

written by伝々

【伝々(でんでん)】こと、ライターの伝農(でんのう)浩子です。 音楽雑誌編集部や旅行を扱う編集プロダクションを経てフリーランスに。 国内外を扱うガイドブックで取材スタッフを続けた後、人物インタビュー、中でも日本に住み日本の伝統文化を継いでいる外国人、日本の伝統文化を海外に広めている人などを、また、ビアトリクス・ポターと「ピーターラビット」シリーズなどをテーマに取材、執筆、撮影。 その一方で、1993年から、ある日本酒の会の試飲会を手伝い、幸せそう〜に帰っていく人たちを見送ってきました。数年前からは、日本酒を取り巻く状況もテーマとなっています。 *****過去記事***** 日本酒関係  日本酒以外

Hot Entry

sakefanについて

「sakefan」は日本酒ファンと蔵元をつなぐコミュニティサイトです。
日本酒の楽しみ方提案や、蔵元を中心にした地域の紹介などを通じて、みなさまとともに日本酒業界の活性化を目指していきたいと思います。
Facebookページ共々、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

運営者情報

サイト名 
日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」
運営会社 
高桑美術印刷株式会社
連絡先  
info@sakefan.net

お問い合わせ

一般のユーザさまへ

記事などのご質問はこちらからお願い致します。

お問い合わせ

蔵元さまへ

FACEBOOKの登録、イベントの告知希望などのお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせ