レポート

Report

茨城地酒まつりin花やしき2012編

2012 10.29

【平成24年10月29日 茨城担当特派員 池上正憲 記】
去る10月12日金曜日、東京は浅草花やしきにて開催された
「茨城地酒まつりin花やしき2012」におじゃましてきました。

今回の参加蔵は28蔵。浅草で開催するのは昨年に続き2回目となります。
花やしきは完全外。オープンテラスです。茨城県の蔵元さん達はよっぽど
晴男晴女が多いんだと思います。
天気は快晴。
暑くもなく、寒くもなく外でお酒を飲むには最高のコンディションです。

まずは夜の浅草寺を通り抜けて花やしきへ。
この時点でもうワクワクしてきています。

浅草寺

入口です。蔵元の若旦那さん達がずらり出迎えてくれています。

少し遅れての到着だった為イベントが始まっていました。

「あんこうの吊るし切り」。茨城県は「あんこう」の本場として有名です。

入口

あんこう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなかの迫力。あーおなか空いてきたなぁ。

この「茨城地酒まつり」は食券制で食事ができます。
「あんこう」は「あんこうどぶ汁」になります。
その他に「笠間のいなり寿司」「常陸秋そば」「筑波ハム」等なかなかの食事セ
レクトです。美味です。
どれもお酒にぴったり。さすがお酒を知り尽くした方々が選ぶ食事だなと。
(申し訳ありません。酔っぱらいの為料理の写真を全くおさえておりませんでした…。とりあえず会場の雰囲気だけでも)

会場

お酒を飲みながらふらふらフラフラしていると、

主催者のひとり、銘柄「来福」の来福酒造株式会社社長様とパチリ。

来福酒造株式会社社長様(右)と

自分の方が真ん中に写ってしまいました。
でも楽しそうでしょ。
お話を聞くとなんとご来場者数700名チケット完売だそうです。
花やしきの広さと飲んでいる人たちの数とちょうど良い感じです。
混みすぎているわけでも無く、空いている感ももちろん無く。

またちょっとフラフラふらふらしていると、銘柄「一品」の吉久保酒造株式会社専務様とパチリ。

吉久保酒造株式会社専務様(左)と

吉久保酒造様はfacebook「いいね!日本酒」にも登録をいただいております。
専務からの情報です。
真ん中にあるタワーに乗った?なかなかの眺めだよと。

早速乗ってきました。
わぉ。これはすごい。浅草寺を見下ろしつつ隣にスカイツリーが。

タワー

浅草寺とスカイツリー上から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真では全く伝えられてない気がします。この景色。
辛うじてピントが合ったのがこの写真でした。

そんなこんなで、あっという間に20時半。
たいへんに心地良い状態です。楽しかったなぁ。
来年も楽しみにしております。
皆様よろしくお願いします。

浅草寺とスカイツリー下から

茨城県酒造組合オフィシャルサイト

http://www.ibaraki-sake.or.jp/

茨城地酒まつりin花やしき2012編

written bysakefan特派員

日本酒業界を日々応援し続ける「sakefan」。 今日も日本全国の蔵元さんを応援すべく、たくさんのメンバーが東に西にと駆け巡っています。 そんな彼らが、全国の蔵元さんの「最旬レポート」を日本酒ファンの皆さんにお届けしようと立ち上がりました! 名付けて 「sakefan(なんちゃって)特派員」!! といってもどちらかというと体育会系の「書くより先に走り出す」男気集団。 普段気の利いたセリフなど使ったことのない彼らから果たしてどんなレポートが届くのやら… やる気は十分。スキルは未知数。 とりあえず勢いで始めたこの「特派員」レポートからどんなニュースが飛び出すか? 「(なんちゃって)」が取れる日は来るのか?? 「特派員」たちの 成長にも期待して、暖かい目で応援お願いします!

Hot Entry

sakefanについて

「sakefan」は日本酒ファンと蔵元をつなぐコミュニティサイトです。
日本酒の楽しみ方提案や、蔵元を中心にした地域の紹介などを通じて、みなさまとともに日本酒業界の活性化を目指していきたいと思います。
Facebookページ共々、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

運営者情報

サイト名 
日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」
運営会社 
高桑美術印刷株式会社
連絡先  
info@sakefan.net

お問い合わせ

一般のユーザさまへ

記事などのご質問はこちらからお願い致します。

お問い合わせ

蔵元さまへ

FACEBOOKの登録、イベントの告知希望などのお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせ