レポート

Report

石川県 吉田酒造店編

2012 11.26

【平成24年11月26日 スタッフ兼特派員 井上 浩和 記】

今回は先日「いいね!日本酒。」に参加いただいた「手取川」蔵元、吉田酒造店さんにごあいさつ(実は口実?)を兼ね蔵見学(こちらがメイン!)に行って来ました。

なんとも地酒蔵らしい佇まい

杉玉も「新酒が出来ました!」サインでフレッシュな緑色です。

興味津々の特派員は、ごあいさつもそこそこに(スミマセン…)、ちょうど仕込み作業中ということで早速蔵の中に突入!

外は10℃を切る肌寒いこの時期、蔵人の皆さんはお揃いの「手取川」Tシャツに。始まった作業は「出麹(でこうじ:出来上がった麹を麹室から出す作業)」です。

「手取川」のバックプリントがカッコ良いお揃いのTシャツ

アイコンタクトで無駄の無い動きにも感動しました

 この日作業の指揮を執られていたのは山本蔵の山本杜氏(吉田酒造店さんは吉田杜氏率いる若手チーム吉田蔵との二人杜氏制)。大ベテランの能登杜氏です。

造りが始まると約半年間蔵に住み込みほぼ休日なしで「酒」と向き合う山本杜氏。時折り麹を口に含み確認しながら的確な指示出しでどんどん作業が進んで行く様子はサッカー日本代表 本田選手の司令塔ぶりを連想させました(こんな例えで伝わりますでしょうか…)。

麹をならし、時折り口に含み状態をチェックする山本杜氏

次の作業は「仲仕事(なかしごと:麹の品温を調節するために行う作業)」。

麹屋のお二人が「ムラ」が出ないように積み重なった箱を一つずつかき混ぜ、積み替えて行きます。ささっとかき混ぜられた箱の中身は美しく整えられた日本庭園の玉砂利のような仕上りに。まさに「職人の技」!

「仲仕事」は麹屋さんしか手出しができない重要な作業

ささっと簡単に触っているようでこんな美しい仕上り!

3つ目の作業は「櫂入れ(かいいれ:酒母や醪などの物料(水と麹と蒸米をいう)を櫂棒を使ってかきまぜる作業)」。担当されているのはこの日ご案内いただいたfacebookページ担当の吉田泰之さん。作業しながら純粋な目でお話しいただく言葉のひとつひとつに深い「日本酒愛」「『手取川』愛」を感じました。

酒母の状態を見る吉田さんの視線は真剣そのもの

 発酵中のタンクも見せていただきました。いくつかのタンクには吟醸酒が!!

この辺に来るともう生唾が止まりません…。

今タンクに入っているお酒は年末~年明けに仕上がるとのこと

いい感じで育ってます!!

で、ようやくたどり着きました。しぼられたばかりの吟醸酒!!

お~、コレがうわさの!!!黄金色に輝いて見えます。

!!!!!

 そして来ました。吉田さんの「どうですか?」の魅惑的なお誘いに・・・

「今日車なんです…」

なんてこった―!!!

「次回は必ず!」と固くリベンジを誓ったのは言うまでもありません。

このレポートを読んで生唾が出て来た日本酒ファンの皆さん、ぜひ「手取川」をお試し下さい。

★「手取川」さんの最新情報はこちらで↓↓↓

公式Webサイト

http://www.tedorigawa.com/

Facebookページ

http://www.facebook.com/pages/吉田酒造店手取川吉田蔵-/405784536103462

【お問合せ先】

「手取川」醸造元 株式会社吉田酒造店

〒924-0843石川県白山市安吉町41  電話076-276-3311(代)

石川県 吉田酒造店編

written bysakefan特派員

日本酒業界を日々応援し続ける「sakefan」。 今日も日本全国の蔵元さんを応援すべく、たくさんのメンバーが東に西にと駆け巡っています。 そんな彼らが、全国の蔵元さんの「最旬レポート」を日本酒ファンの皆さんにお届けしようと立ち上がりました! 名付けて 「sakefan(なんちゃって)特派員」!! といってもどちらかというと体育会系の「書くより先に走り出す」男気集団。 普段気の利いたセリフなど使ったことのない彼らから果たしてどんなレポートが届くのやら… やる気は十分。スキルは未知数。 とりあえず勢いで始めたこの「特派員」レポートからどんなニュースが飛び出すか? 「(なんちゃって)」が取れる日は来るのか?? 「特派員」たちの 成長にも期待して、暖かい目で応援お願いします!

Hot Entry

sakefanについて

「sakefan」は日本酒ファンと蔵元をつなぐコミュニティサイトです。
日本酒の楽しみ方提案や、蔵元を中心にした地域の紹介などを通じて、みなさまとともに日本酒業界の活性化を目指していきたいと思います。
Facebookページ共々、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

運営者情報

サイト名 
日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」
運営会社 
高桑美術印刷株式会社
連絡先  
info@sakefan.net

お問い合わせ

一般のユーザさまへ

記事などのご質問はこちらからお願い致します。

お問い合わせ

蔵元さまへ

FACEBOOKの登録、イベントの告知希望などのお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせ