レポート

Report

武蔵野國の酒祭り2014、参戦!

2014 09.16

1週間前に北千住で散々飲んだ(「北千住 酒散歩に行ってきました」をご覧ください)はずなのに、2014年9月13日に調布の大國魂神社参道わき広場で開催された「武蔵野國の酒祭り2014」に行ってきました。「日本各地から147の美酒が集まる!」というキャッチフレーズに引かれて。。。
まずは神社にお参りを。思ったよりも大きな神社でびっくり!(失礼しました)。
その後、会場へ。
chofu1
受付で銘柄が書かれた冊子(冊子です。何ページあるんだろう。)とお猪口を受け取り、運動会の様なテントがいっぱいの会場へ。参加のなかで最南の宮崎県から北上する形で飲み始めました。
DSC_1129_resize_20141023_172935
DSC_1146_resize_20141023_172935
各銘柄お猪口半分くらいにとどめ、飲むたびに水を飲み、間に昼食をはさみましたが、最後は結構つらくなってしまいました。やはりもう少し広いエリアでブラブラしながらが楽しい・・・と感じてしまったのは先週のせいでしょうか。
ただ、頑張って純米系のみですが65種類飲むという体験もまた貴重!
ということで、今回のおすすめは以下の3銘柄です。ドーン!
「紀伊国屋文左衛門(和歌山県)」「十右衛門(東京都)」「カネタ酒造純米(青森県)」是非飲んでみてください。
chofu-best3
「十右衛門」を造られている東京都東村山の豊島屋酒造さんは、ご存じの方もおられると思いますが「屋守」と書いて「おくのかみ」と読む銘柄も造っておられます。蔵の方は「屋守呑むなら十右衛門呑まなきゃダメでしょ」とのこと。原酒のしっかりした味わいがおいしくて、購入して帰りました。「蔵にも見にこい」と言われましたが、平日しかやってないけど、と笑って言われてしまいました。
今度、会社休んで行こう!

武蔵野國の酒祭り2014、参戦!

written byけんけん

けんけんこと、岡 健一郎(おか けんいちろう)です。日本酒を飲み始めて20年。年を追うごとに日本酒が好きになっていき、今では周りの若い人に日本酒を薦めています。普段は全く日本酒とは関係のない仕事をして、夜には呑みに行ったり、家呑みしたりの日々を過ごしていました。また日本酒ラベルのコレクターでもあります。 sakefanサイトをご覧いただいている多くの方と同じ立ち位置からの発信をしていければと思って始めたこのコラムですが、勤めていた会社を辞めて日本酒に関係のある仕事をメインにしていこうと模索している現在です。

Hot Entry

sakefanについて

「sakefan」は日本酒ファンと蔵元をつなぐコミュニティサイトです。
日本酒の楽しみ方提案や、蔵元を中心にした地域の紹介などを通じて、みなさまとともに日本酒業界の活性化を目指していきたいと思います。
Facebookページ共々、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

運営者情報

サイト名 
日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」
運営会社 
高桑美術印刷株式会社
連絡先  
info@sakefan.net

お問い合わせ

一般のユーザさまへ

記事などのご質問はこちらからお願い致します。

お問い合わせ

蔵元さまへ

FACEBOOKの登録、イベントの告知希望などのお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせ