箸休め

Sake-break

日本酒wo楽しもう!<その3>イベントに参加してみよう!

2015 11.04

しばらくぶりですが、皆さん日本酒を呑んでますか!
10月は日本酒の日に始まり、各蔵から次々と「ひやおろし」や「秋あがり」が発売されて賑やかでしたね。
個人的にはしっかり寝かされて落ち着いた秋の酒は大好きです。
そんな中、日本酒イベントも沢山開催されています。気になるけど、参加して楽しいのかなとか、自分が参加して良いのかななんて考えてしまう人もいると思います。
前置きが長くなりましたが、今回の日本酒の楽しみかたは「イベントに参加者する」です。私が参加したイベントについて簡単にですが、レポートします。
こんな感じか~と分かったら参加してみてください!

その1 街歩きタイプ

昨年に引き続き今年も参加しました「北千住 酒散歩」。毎年9月の第一日曜日に開催されます。昨年の様子はこちらから。
これは街の呑み屋が蔵と連携して各店にでお酒とつまみを提供してくれるものです。何だか敷居が高くて入ったことのないお店に入れたり、隠れ家的な知らないお店を知ることができます。
そして何より梯子酒が公認されているのですよ!楽しいじゃないですか。
一ヶ所で呑むより、酔いが覚める時間があって長く楽しく呑めるように感じます。飽きもきません。何人かの仲間と参加するのがお勧めです。日本酒については知識無しで大丈夫。まずは気になる街で参加してみましょう。

その2 きき酒タイプ

今年は日本酒造組合中央会主催の全国きき酒選手権大会(東京予選)に参加しました。これは競技としてのきき酒(ききしゅ)です。
全国大会の様子はでんでんさんが紹介していますのでこちらをご覧ください。
kikishu
まず、参加のための倍率が2倍!そして参加者80名ほどの中で2名の本大会参加者を決めるのです。
ルールはこんな感じです。7分の時間で7種の酒を利きます。そして好きな順で1~7の番号をつけます。続けて隣のテーブルで又7分で7種の酒を利きます。
この7種は最初に利いた酒と同じものが順を変えて並んでいます。そして同じように番号をつけます。
味の感じ方が一定であれば同じ順になる筈ということで、同じにならなかったさけの番号の差の合計が点数です。
典型的な減点方式。お酒は普通酒、低アルコール酒、本醸造酒、純米酒、生酒、純米吟醸酒、大吟醸酒の7種でしたが、いつもは呑まない普通酒や本醸造酒の味が分からず掻き回されて、結果はボロボロの出来でした。残念。でも、何事も経験です。私に競技としてのきき酒は合わないと分かったことが収穫!と前向きに考えます(強がり・・・)。
場数を踏んだ方が結果が安定する様なので、競争好きで凝り性な方は向いているかもしれませんよ。

その3 展示会・ブース タイプ

Joy of sake TOKYO(今年は11月に開催されます)や武蔵野國の酒祭りなどです。
Joy of sake TOKYOの昨年のレポートと今年の案内が伝でんさんから出ていますのでこちらからどうぞ。
武蔵野國の酒祭りの昨年のレポートはこちらから。
DSC_1146_resize_20141023_172935
展示会タイプでは、非常に沢山のお酒が並ぶので、楽しむにはコツがいると思います。先ずは、選ぶ条件を決めることです。何となく端から飲み始めたら大変なことになるかも。「まずは純米酒」とか「四国のお酒を呑む」とか決めて、それをしっかり味わいます。その後は気になったものを気の向くままに呑みすぎにだけ注意して呑んでください。

いかがでしたか?参考になりましたか?
他にも杜氏来店タイプ(通常その蔵のさけが5~10種並ぶので壮観です)や、蔵元訪問タイプなとどありますので、皆さん楽しんでみて下さい。
でも、私はやっぱり家呑みが一番好きですが(笑)。
次回は燗酒を愉しむコラムを予定しています!

日本酒wo楽しもう!<その3>イベントに参加してみよう!

written byけんけん

けんけんこと、岡 健一郎(おか けんいちろう)です。日本酒を飲み始めて20年。年を追うごとに日本酒が好きになっていき、今では周りの若い人に日本酒を薦めています。普段は全く日本酒とは関係のない仕事をして、夜には呑みに行ったり、家呑みしたりの日々を過ごしていました。また日本酒ラベルのコレクターでもあります。 sakefanサイトをご覧いただいている多くの方と同じ立ち位置からの発信をしていければと思って始めたこのコラムですが、勤めていた会社を辞めて日本酒に関係のある仕事をメインにしていこうと模索している現在です。

Hot Entry

sakefanについて

「sakefan」は日本酒ファンと蔵元をつなぐコミュニティサイトです。
日本酒の楽しみ方提案や、蔵元を中心にした地域の紹介などを通じて、みなさまとともに日本酒業界の活性化を目指していきたいと思います。
Facebookページ共々、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

運営者情報

サイト名 
日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」
運営会社 
高桑美術印刷株式会社
連絡先  
info@sakefan.net

お問い合わせ

一般のユーザさまへ

記事などのご質問はこちらからお願い致します。

お問い合わせ

蔵元さまへ

FACEBOOKの登録、イベントの告知希望などのお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせ