箸休め

Sake-break

貯蔵場所、貯蔵方法を重視

2017 06.28

酒造りも神経を使いますが、それと同じくらい貯蔵を重視する蔵元が増えています。従来のタンク貯蔵主体から、瓶貯蔵が増えていることも要因の一つでしょう。逆に貯蔵を考えて、早めに瓶詰めするということもあるようです。 近年、増えているのは貯蔵蔵を巨大な冷蔵庫とするもの。改装の際に思い切って建て替えるところが多いようです。 その他で比較的多いのは、トンネル貯蔵。両側の入り口を塞げば、天然の冷蔵庫です。廃線になった道路や鉄道のトンネルを利用するもので、全国、比較的広い範囲に点在しています。内部の雰囲気も良いものです。

貯蔵場所喜久水04_7187ds

貯蔵場所喜久水01_7193dm

貯蔵場所、貯蔵方法を重視

written by伝々

【伝々(でんでん)】こと、ライターの伝農(でんのう)浩子です。 音楽雑誌編集部や旅行を扱う編集プロダクションを経てフリーランスに。 国内外を扱うガイドブックで取材スタッフを続けた後、人物インタビュー、中でも日本に住み日本の伝統文化を継いでいる外国人、日本の伝統文化を海外に広めている人などを、また、ビアトリクス・ポターと「ピーターラビット」シリーズなどをテーマに取材、執筆、撮影。 その一方で、1993年から、ある日本酒の会の試飲会を手伝い、幸せそう〜に帰っていく人たちを見送ってきました。数年前からは、日本酒を取り巻く状況もテーマとなっています。 *****過去記事***** 日本酒関係  日本酒以外

Hot Entry

sakefanについて

「sakefan」は日本酒ファンと蔵元をつなぐコミュニティサイトです。
日本酒の楽しみ方提案や、蔵元を中心にした地域の紹介などを通じて、みなさまとともに日本酒業界の活性化を目指していきたいと思います。
Facebookページ共々、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

運営者情報

サイト名 
日本酒ファンのための情報サイト「sakefan」
運営会社 
高桑美術印刷株式会社
連絡先  
info@sakefan.net

お問い合わせ

一般のユーザさまへ

記事などのご質問はこちらからお願い致します。

お問い合わせ

蔵元さまへ

FACEBOOKの登録、イベントの告知希望などのお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせ